育児と両立

子育てと両立したい看護師が選ぶ転職先


ママナース 子育てと両立しやすい職場、転職先

子供がいるママナースが仕事を続けていくのは正直、楽ではありません

でも、楽ではありませんが、出来ます。

実際、たくさんのママナースが仕事も家庭も子育ても、頑張って両立されていますね。

妊娠・出産時に退職をする看護師はとても多いですが、子育ても少し落ち着いて、復職を考える方も多いと思います。

育休から復職したけれど、両立がとても大変・・・この職場で常勤として仕事を続けていく事に限界を感じている、というママナースもいらっしゃるかもしれませんね。

復職先、転職先として。

職場をもし選ぶ機会があれば、両立して働きやすい職場を選びたいものです。

それには多くのママナースが転職先として選んでいる職場を知る事が参考になるのでは、と思います。

頑張り過ぎるとママ自身がいつか、体を壊してしまったり精神的に追い詰められてしまったり、という可能性があります。

子育て中だからこそ、働きやすい職場を選ぶ事がとても大切、と思います。

看護師の人数が多めの職場

療養期病院へ転職
ママナースの転職先としてオススメは、子供の事で急な休み・早退がある可能性を考えた場合、

看護師の人数が多めの職場

となります。

保育園にお子さんを預けて働くママ看護師さんも多いと思いますし、幼稚園に入園している場合もあると思います。

どちらも子供の発熱や怪我、体調不良などでお迎えの呼び出しがかかる事が多いです。

「熱があると言っても元気だから預かっていてくれたら良いのに・・・」

と思っても、通常の保育園ではそうはいかないですよね。
早くお迎えに行かなければなりません。

そんな時、人数がギリギリ、少ない人数で回すようなクリニックだとなかなかお迎えにも行けず、休みも取りにくく・・・という状況になりやすいです。

クリニックは日勤のみが多く、でママナースからは人気の職場ですが、お子さんが小さい頃は働きにくさが際立つかなと思います。
(もちろん、人数が多めのクリニックだとまた話は別です)

看護師の人数が多い職場、例えばある程度以上の規模の総合病院であれば、1人看護師が早退してもなんとかなるものです。

ママナースに理解のある職場だと、

お子さんのためにも早く帰ってあげて!

と早々に切り上げてお迎えに行きやすい雰囲気もあります。

ママナースの転職先として、働きやすさを考えると看護師の人数が多めの職場はオススメです。

残業無しの職場

看護師
常勤、非常勤・パート。
どういった雇用形態、働き方であれ残業が無い職場を選びたいですね。

保育園は通常18時くらいまででしょうか。

延長保育を利用して19時までだとしても、毎日残業が2,3時間あたりまえの職場で働いていたら、間に合わない日も出てきそうです。

職場から保育園までの距離・時間も考慮する必要がありますね。
特に夕方は渋滞しやすい時間ですし。

お迎えの必要があるママナースは、そうした事も計算して復職先・転職先を選ぶ必要があります。

出来るだけ、残業が無い職場を転職先に選ばれる事をオススメいたします。

院内託児所・保育所完備、病児保育あり

院内託児所完備の病院へ転職
院内託児所・保育所完備の病院を希望されるママナースはとても多いです。

さらにいうと、病児・病児後保育に対応していると、多少の体調不良であっても預かってもらえますし、回復期の状態でも預かってもらえますから仕事がしやすいのです。

病児・病児後保育に対応しているといってもどんな病気でも預けられると言うわけではありませんが、かなり仕事は続けやすくなりますね。

これから転職先をお探しになるのであれば、病児・病児後保育に対応している院内託児所・保育所がある病院はオススメです。

ママナースが働きやすい職場のオススメは、総合病院

看護師
幾つか子育て中のママナースが働きやすい職場の条件を見てきましたが、いろいろと考えるとやはり人数が揃っていて、院内託児所・保育所完備も多い総合病院かなと思います。

もちろん、人数が多い職場ならではの問題もありますから、合う・合わないはありますね。
そのあたりも考えつつ、とはなるでしょうか。

夜勤ありで働くにしても。
日勤常勤として働くにしても。

非常勤・パートとして融通の利いた働き方をする場合であっても、子育て中のママナースに理解のある職場を選びたいですね。

ご家庭の状況によって、職場選びの基準も変わると思いますので情報収集をまずはされてみては、と思います。

非常勤・パート看護師として両立して働きやすい職場をお探しの場合には、

1日3,4時間~OK 看護師パート先を見つけるには

でオススメの求人サイトをご紹介しています。

また、常勤・正社員で復職を希望されている場合には、

育児中の看護師の働き方

でご紹介しているような看護師紹介会社の活用をオススメしたいと思います。




キーワード