子育て中のママナース

育児中の看護師の働き方


育児中のママ看護師は大変!両立するための働き方

子育をしながらの仕事は思った以上に大変!

という話をママ友、職場の先輩ママさんナースから聞いた事がある方も多いと思います。

また実際に今、復職をして自分自身で「子育てと仕事の大変さ!」を実感されているママナースの方も多いと思います。

子育てって24時間続きますから、どんなに疲れていても逃げ場が無い、と感じる事も多いです。

本当に疲れ切ってるな、私・・・と思う事も現実的にありますね。。

育児中のママナースが、どう両立していくと良いのか
心折れずに仕事も続けていくことが出来るのか、ポイントについてまとめていきたいと思います。

本当に限界、となった場合には一旦仕事を辞める選択肢も持っておかれると良いと思います。

そうした時、看護師求人の高いニーズを背景に、新たに転職先やパート先を探しやすいのは看護師という職業のメリットかなと思いますね。

時短勤務で働く

看護師
正社員でもお子さんが小さい間は、時短勤務が認められている病院も増えてきています。

短時間正社員制度

など、名称は病院によって異なるかもしれませんが、仕事と家庭の両立が困難になってしまい、看護師が退職することを防ごうという意味合いもあって導入する病院が増えているといえます。

例え短時間であっても、仕事に慣れている看護師が退職するのは病院としても大きな損失・・・という事でお子さんが小さい間の短時間勤務を認める職場は徐々に増えてきています。

細かい条件はそれぞれの病院でご確認頂きたいですが、

「時短勤務や週3日勤務で正職員としての待遇(社会保険の適用、退職金、昇進・昇格、福利厚生)を受けられる働き方」

となります。

出差、子育てを考える看護師さんにとっては、こうした制度が整っている病院は魅力的ですよね。

実際、こうした短時間正職員制度のある病院へ、あらかじめ転職をしておく看護語さんもいらっしゃいます。

もしこれからの事も考えて、ママナースとして働きやすい職場を選びたい、といった場合には短時間正職員制度のある病院で求人を行っているところを、

医療ワーカー

マイナビ看護師

など、常勤求人に強い看護師紹介会社(全国対応)を利用して情報収集されることをオススメします。

育児中のママさんナースに理解のある職場を探す

看護師
子供のいるママにとってはもう避けられないし、当たり前の事ですが、

子供が理由で休みが必要になる事は多い

ですよね。

子供が保育園、幼稚園の頃には病気も多いです。
園行事も多いですよね。

小学校に入学しても、学校行事が増えてきます。
どうしても断れなくてPTA役員など、そうした仕事も増えてくるでしょう。
子供が少年団などに入れば、そちらのお手伝いもあったりします。

どうしても休みが必要なのは、子供の病気。
そして、学校行事も出来るだけ出席したいですよね。

入学式、発表会、授業参観、懇談、3者面談、運動会、卒業式など、色々とあります。

育児中のママさんナースに理解のある病院だと、シフトの相談もしやすいですし、子供の急な病気の際にもサポートし合いやすいという大きなメリットがあります。

もちろん、休んだ後はその分仕事を頑張る、といった事も大切ですね。

お子さんがいるママナースが働きやすい職場の条件として、「子育て中のママナースに理解があること」はとても重要なポイントといえますね。

平日のみ勤務、土日祝日は休み

クリニックで働く
ママナースの職場希望として、出来るだけ、

平日のみ、夜勤無し、土日祝日は休み

といった職場を選ぶ方法もあります。

無床クリニックの場合、多くは日曜・祝日は休み。
土曜日も午前のみ診療、といった事で週末は家庭のために時間が確保しやすいです。

夜勤もありませんしね。

そうした事もあって出産後の働き方として、クリニックを希望されるママナースは多いですね。

とはいえ、急な休みが必要な事もあるでしょう。

クリニック選びのポイントとしては、人数がギリギリではない職場を選ぶ事。
出来れば、他にも数名、ママナースがいると良いかと思います。

院内託児所・保育所ありの病院で働く


出産後の復職であれば、院内託児所・保育所完備の病院を希望されるママナースの方も多いと思います。

院内託児所・保育所ありの病院も増えてきましたよね。

同じ敷地内、建物内に院内託児所などがありますから、もし何かあっても様子を見に行きやすいというメリットもあります。
送り迎えも楽ですね。

反面、人間関係がちょっと面倒、施設によっては保育内容が少々弱いなどデメリットと感じられることもあります。

院内託児所・保育所を利用したい場合には、求人へ応募される前に病院の詳細だけではなく、院内託児所・保育所についてもしっかりと情報収集される事をオススメいたします。

場合によっては、非常勤・パートに切り替える

看護師
育児と家庭、仕事の両立だけを考えた場合、働きやすいのはパート・バイトでの勤務です。

責任あるポジションに就く事もほぼ無いですし、急な残業無しで帰る事が出来る職場も多いでしょう。

勤務日数、勤務時間も融通が利きやすい事も多いです。

実際、働いてみて、これは無理かも・・・という事で非常勤・パート看護師としての働き方に切り替える方も少なくありません。

場合によっては、常勤から非常勤・パートに切り替えてお仕事を続ける事も考えて見てください。

先ほどもご紹介しましたが、

医療ワーカー

は非常勤(パート・アルバイト)看護師求人に関しても情報量が多いので、常勤もパートと働きやすい職場を検討しながら、と言った事がしやすいでしょう。

無理を続けて家の事が回らなくなると大変です。

子供が小さい間、どういった働き方を優先するか、ご家族からのサポートなども含めて考えてみてはと思います。




キーワード