幼稚園ママの働き方
幼稚園ママ パート看護師 両立して働くための職場選び > ママ看護師の復職 > 幼稚園?保育園?ママ看護師の働き方に合わせて考える

幼稚園?保育園?ママ看護師の働き方に合わせて考える


ママ看護師 働き方

ママ看護師の働き方に合わせて、保育園・幼稚園を活用!

これからママさんナースとして子育てに、看護師の仕事に、と両立していく事に不安を感じている方も多いと思います。

特にお子さんがまだ小さいという方は、

看護師としてまた働きたいけれど、自分に両立できるかどうかやっぱり不安で・・・

といったママさんも多いのではないでしょうか。

ママ看護師として仕事と子育て、両立するには保育園や幼稚園を上手く活用する事がポイントとなります。

お子さんが0歳、1歳、2歳といった時期であれば院内託児所・保育園の活用も検討できますね。

色々な託児先を利用する事で、看護師として様々な働き方が可能です。

ご家族からの子育て、家事へのサポートも得られると、十分に常勤看護師としても働く事が出来るご家庭も多いのではないでしょうか。

もう少しお子さんが大きくなれば、学童保育なども利用して働く事なども考えられますね。

希望される働き方に合わせて、幼稚園や保育園などを選ぶ事も重要ですね。

幼稚園?保育園?ママ看護師の働き方に合わせて考える事が重要です

お子さんがまだ小さい、というママナースが子供の預け先として考える場合、

保育園が良いのかな?幼稚園の方が良いのかな?

と悩む事も多いのでは、と思います。

まず、保育園の利用条件と幼稚園との入園方法の違いについて抑えておきましょう。

そもそも「幼稚園と保育園は役割が違い」ますから、そこを理解するとかなり利用方法についても分かってくるのではないでしょうか。

保育園は「児童福祉施設」、幼稚園は「教育施設」です。

保育園

保育園は「児童福祉施設」です。

0歳~小学校入学までの子どもを預かる児童福祉施設となります。

大きな前提として、

「日中に家庭で子どもを保育できないこと」

があります。

そのため問題となっているのが、これから働きに出るために保育園を探しているママが保育園に子供を入れにくく、いつまで経っても仕事探しが進まないという問題です。

とても矛盾している気がしますが、待機児童が多い地域ほど、こうした問題が起こっている状況です。

加点される条件などについては、区役所で確認されると良いかもしれません。
区によっては幼児保育課入園相談係などを置いている場合もあります。

24時間保育を行う保育園もあり、小さなお子さんがいて両親などからのサポートが無いご家庭にとっては欠かせないのが保育園といえます。

幼稚園

幼稚園は「教育施設」です。

3歳~小学校入学までの子どもが通う教育機関となります。
親が仕事を持っている、持っていないに関わらず入園申し込みを行います。

人気の幼稚園は、殺到することを防ぐために応募書類をもらう方法が限定されている場合もあります。

入園児童経由でしか手に入らない、配布日の先着順など。

先着順の場合には、早いと朝5時、6時から幼稚園前に並ぶ事もありますので、かなり大変です。

面接がある場合もあります。

通常、幼稚園から子供達が帰ってくるのは午後1時30分~午後2時頃。
早いですよね。

そのため、クリニックなどで午前のみパート勤務をするママ看護師の方は多いです。

もう少し長く働きたい、といった場合には預かり保育のある幼稚園を選ばれると良いです。

幼稚園によって預かり保育の時間帯は異なりますが、午後5時~午後6時位までは延長保育として預かる幼稚園は多いですよ。

近年、2歳時も受け入れている幼稚園も増えてきました。

働くママにとっては、託児の選択肢が増えるのは嬉しいですね。

院内託児所・保育所を利用する選択肢も

お子さんが幼稚園に入園する年齢になる前、というママ看護師の方も多いと思いますが、その場合には院内託児所・保育所の利用も候補ですね。

むしろ待機児童が多い地域の方は、最初から院内託児所・保育所を利用する事をお考えかもしれません。

保活もかなり前から行う必要がある地域もあり、正直大変です。。

そこまで苦労するのなら、院内託児所・保育所を最初は利用
子供が幼稚園に入れる年齢になったら、幼稚園に入園、とお考えのママ看護師の方は多いのではないでしょうか。

子供の成長にとっても、より多くの子供達と遊んで刺激を受けられますし、行事も多く経験を積むことが出来ますからね。

ただ前述したように幼稚園は夜間保育などはありません。

そのため看護師としての働き方は、そこでまた制限されることもあるかもしれませんね。

子育て、家庭、看護師の仕事。

色々な事をバランスよく考えながら決めていく事が、ママ看護師の両立には重要なポイント、といえますね。

【関連記事】ママさんナースの働き方

も合わせてご覧になってみてください。




キーワード