子育てと両立
幼稚園ママ パート看護師 両立して働くための職場選び > 育児中の夜勤 > ママ看護師 夜勤と子育てを両立しやすい職場の条件

ママ看護師 夜勤と子育てを両立しやすい職場の条件


子育て中でも夜勤をする看護師は多い!どうやって働いてる?

これから復職をするママナースの方も多いと思います。

少し、育児も落ち着いてきたのでより高収入を得るために夜勤ありで転職しようかな、というママナースの方もいらっしゃるでしょう。

子育て中のママ看護師でも、夜勤をしている方はとても多いですよね。
(実際には病棟勤務で仕方無く・・・というママさんも多いと思うのですが)

夜勤をするには家族からの協力がまず重要です。
職場の環境も重要です。

どちらも大切といえますね。

どのような職場を選ぶと、夜勤の仕事と子育てを両立して働きやすいでしょうか。

これから夜勤ありの職場をお探しになるママ看護師、夜勤専従看護師として働こうとお考えの方向けに情報を掲載しています。

看護師の仕事と子育てを両立するには

ママナースの働き方
ママナースが夜勤ありで働く場合、ご家庭の状況・お子さんの年齢によっては院内託児所・保育所完備が必須条件、というケースも多いと思います。

夜勤をするにあたっては、24時間対応の院内託児所・保育所完備が条件といえるでしょう。

夜間対応あり院内託児所・保育所を利用するメリット

託児所によってですが、夜間対応あり院内託児所などを利用する大きなメリットとして、夜勤明けお昼くらいまで預かってもらえる事、が挙げられます。

夜勤明け、いつまで預かってもらえるかは事前に確認されることをオススメしますが、一人になれる時間が確保出来るのはとても大きいです!

仮眠をとったり、一人でリラックスする時間に充てたり。

子供がいると気が張ってしまって、リラックスする事が出来ない・・・すごく疲れちゃって、というママさんは非常に多いと思います。
(私はそうでした)

子育て中は一人になれる時間を持つ事も、大切だと思います。

院内託児所・保育所を利用する事で、そうした時間が取れる事は、意外と大きなメリットといえるのではないでしょうか。

看護師の人数が多めの職場で働くこと

看護師
小さな子供がいるママナースが働きやすい職場の条件として、

看護師の人数が多い病院

なども重要です。

人数がいればこそ、急に子供の具合が悪くなって休まざるを得ない時でも、代わりにシフトに入ってくれるナースを見つける事が出来ます。
(もちろん、子供の体調が回復したらその分頑張ります)

夜勤こそ、人数が少ないと代わりが見つかりません。

ママナースが働きやすい職場は、看護師の人数が多い総合病院、と言われる理由でもありますね。

もちろん子育て中のママナースに理解がある職場、ということは前提ですね。

夜勤も介護スタッフも入っていて、複数名でしっかりシフトを組んでいるところを、念のために選ばれるとより働きやすいのでは、と思います。

色々考えたけれど、やっぱり日勤のみで働きたい・・・という場合

看護師紹介会社コンサルタント
とはいえ、色々と考えてみたけれど・・・やっぱりもう少し日勤のみ、夜勤無しの働き方で続けていきたい。

夜勤ありの職場から日勤常勤で働ける職場へ転職したい。

といったママナースの方もいらっしゃると思います。

家計のために自分も頑張らなくちゃ、という状況の方もいらっしゃるとは思うのですが、疲労や時間の無さから来るイライラなどで家庭が回らなくなってしまっても本末転倒です。

役職もあって悩んでいるママナースの方も多い年代かと思いますが、思い切って看護部長などに相談するのも一つの手です。

外来や午前のみなどに少し落ち着くまで、勤務を変えてくれるかもしれません。

またなかなかそうした異動も難しい事もあるかも知れませんね。

そうした場合には、職場を思い切って変える事も有効な場合があります。

求人を探す際には、働きやすさを重視してお探しになる事が大切です。
職場の詳しい情報を持つ看護師紹介会社を利用しての情報収集が良いでしょう。

場合によっては勤務条件など交渉も行ってくれますから、より働きやすい職場へと近づく事が出来ます。

院内託児所完備など、常勤看護師求人を探す

でママナースの転職支援にも多くの実績を持ち、常勤看護師求人に強い看護師紹介会社をご紹介しています。

パート・アルバイトとして融通の利く働き方が出来る病院、クリニック、介護施設などをお探しになりたい場合には、

融通の利きやすい、看護師パート求人を探す

でご紹介しているような看護師紹介会社の活用がオススメです。

日勤だけで働くための看護師求人も多数あります。

自宅から近くを優先して探したい、院内託児所・保育所完備を最優先にしたい、残業無しで働きたいなど、ママナースの方それぞれに優先したい希望条件があると思いますので、ぜひお住まいの地域でどういった看護師求人が見つかるか、情報収集をされてみてはと思います。




キーワード